グルテンフリーダイエット奮闘記

グルテンフリーとココナッツオイルでアトピーと手荒れが治った記録です。iherbのおすすめグルテンフリー商品も

*

手足のかゆみ劇的解消-そのかゆみ、全身型金属アレルギーかも!ガッテン!

 

2015/5/6放送のNHK ためしてガッテンはかなりのガッテンぶりでした。
タイトルは、手足のかゆみ劇的解消 良い汗と豆料理がカギ」

5月ごろから、手足がかゆくなってくる人、多いそうです。(私もその一人)
多くの方がその原因が水虫だと思っているそうですが、実はその半分の方は水虫ではない、と。

その病気とは、「異汗性湿疹」。
その中でも、豆類などに含まれている微量の金属が、
皮膚の表面に炎症を起こす、「全身型金属アレルギー」かもしれない、というのです!!!!!!

009

異汗性湿疹は、このブログで何度もとりあげている、
掌蹠膿疱症、主婦湿疹、汗泡などともとても似ていると思います。
手のひらがメインで、繰り返す湿疹、水泡、猛烈なかゆみ、など症状がとても似ています。
私の場合も病院によって、上記のうちどれか、を言い渡されました。

手のひらにところどころ、膿があったのが決めてで「掌蹠膿疱症」と診断されましたが、
掌蹠膿疱症は通常、手のひらと足の裏にでるもの。
私の場合は、足の裏の症状がなかったので疑問でしたが、明確な治療法がなかったり、
ステロイドを塗る、というような治療はどの病名であれ同じ。
なのでさほど気にしていませんでした。

私が医師から言われたのは、
「手のひらにあらわれる水泡、その中身は汗」だそうで、汗をかくようになる5月ごろから悪化する人が多い、と。
「汗なので、細菌はなし。よって人にもうつらない。。。」

で?、ですよね。だから、どうしたらいい?
といっても、「ほい」とステロイド。

そんなわけで、治らないかゆみを繰り返す人、全国にとても多いようです。
番組ではその原因を、食物から摂取している金属にスポットをあてていました。

■アトピーなどアレルギー体質の人は金属アレルギーも多い!?

私も18歳の時にピアスの穴をあけてすぐに金属アレルギーに。それからうん十年、未だに耳が膿む事があるほどの金属アレルギーです。
10年ほど前のアトピーの治療の際に、歯の詰め物が原因かもしれない、という事で、歯の詰め物(アマルガム)をセラミックに変えました。
口の中にアマルガムが残っていて、何かしら金属アレルギーの全身症状がでている人は、まずはこの処置が一番だと思います。
微量の金属が溶け出して、全身にまわっているそうです。

歯は治療済み。金属アレルギーあり。手足だけに猛烈なかゆみがある。でも水虫じゃない。って方。

毎日、豆腐や納豆食べてませんか?
チョコレートが大好き?
健康のために白米より玄米?
食後はやっぱりコーヒー?

当てはまりますか?

大豆製品、チョコレート、玄米、コーヒー、どれもニッケルなど金属が多めに含まれている食物だそうです。
そういった食物を摂取し、体内に取り込まれた金属が、汗をかいた時にでてくる。
すると、かゆみや湿疹など金属アレルギーに似た症状が汗をかいた場所にでる、という流れだそうです。


手のひらや足は汗をかきやすい場所。
そのため、症状が顕著に表れるのだそうです。

なんという事でしょうか・・・。
奇しくも、先日、かゆみの為に納豆をやめてみる という記事を書いたところ。
私の中では、納豆を食べすぎた事で何か納豆にアレルゲンができたのかと思っていました。しかし、番組の理論でいくと、恐らくは納豆に含まれる金属(ニッケル)が原因だったのかもしれません。

011

金属アレルギーは即時性ではないので、原因の特定がしづらいです。
納豆を食べてすぐにアナフィラキシーショックがでるわけではなく、体内に取り込まれて数日後、あるいはもっと?、汗となって出てきた時に初めて皮膚と反応するのですから。その時にはまさか、数日前に食べた納豆が原因とはなかなかたどりつきません。
(この辺は、おそらく個人差が大きいと思うので、すぐに反応がでる方もいると思います)

金属アレルギーは、一度なると一生治らないと言われています。
金属アレルギーが原因のかゆみとすると、まずはその原因となる食物を避けるしかありません。

より敏感な方は、調理器具のステンレスを全て変えたり、カトラリー(スプーンやフォーク)など口に触れるものは、ステンレスをやめて木やプラスチックに変更するだけで症状が改善するそうです。
※ステンレスにはニッケルが含まれているそうです。

ニッケルを多く含む食品
• 穀類 (はと麦、小麦胚芽、米ぬか …等)
• 豆類 (インゲン豆、大豆、きな粉 …等 ほとんど全て)
• 菓子類(チョコレート…等)
• 魚類 (ハマグリ、生ウニ …等)
• 種実類(アーモンド、胡麻、クルミ、落花生 …等)
• 藻類 (干しひじき、昆布 …等)
• 野菜類(シソ、タケノコ、ワラビ …等
• キノコ類(なめこ、ヒラタケ)
• 飲料 (コーヒー、お茶、紅茶、ウーロン茶 …等)

クロムを多く含む食品
• 穀類 (小麦胚芽、米ぬか …等)
• 菓子類(チョコレート …等)
• 魚類 (マイワシ丸干し …等)
• 種実類(エゴマ …等)
• 乳類 (パルメザンチーズ、チェダーチーズ …等
• 藻類 (アオサ、昆布、乾燥ワカメ …等)
• 飲料 (お茶、ウーロン茶 …等)

コバルトを多く含む食品
• 穀類 (小麦胚芽、米ぬか …等)
• 藻類 (アオノリ、干しひじき …等)
• 飲料 (ピュアココア)

銅を多く含む食品
• 穀類 (オートミール、小麦胚芽、米ぬか …等)
• 豆類 (小豆全粒乾、きな粉 …等 )
• 菓子類(チョコレート…等)
• 魚類 (あんこうキモ、イカ、エビ …等)
• 種実類(アーモンド乾、クルミ、落花生乾 …等)
• 藻類 (干しいわのり …等)
• 野菜類(切り干し大根、パセリ、枝豆生 …等
• キノコ類(干ししいたけ乾)
• 飲料 (お茶、紅茶、ウーロン茶 …等)

スズを多く含む食品
• 穀類 (小麦胚芽、米ぬか …等)
• 豆類 (麦みそ …等)
• 菓子類(チョコレート…等)
• 魚類 (うるめいわし丸干し、さんま蒲焼き …等)
• 藻類 (寒天、昆布)
• 飲料 (インスタントコーヒー)

亜鉛を多く含む食品
• 穀類 (米ぬか、小麦胚芽、ライ麦、はと麦 …等)
• 魚類 (かき、するめイカ、タラコ…等)
• 種実類(胡麻、きな粉、大豆、アーモンド、ピーナッツ …等)
• 藻類 (焼き海苔、ひじき)
• 肉類 (牛肉、豚肉 …等)
• 乳類 (パルメザンチーズ、プロセスチーズ …等)
• 菓子類(チョコレート)
• 飲料 (コーヒー、紅茶、抹茶 …等)

013

疑わしい方は、まずは病院で金属アレルギーの検査をしてもらい、金属を特定するのが早道ですね。
私は検査はしていないけど、経験として、ニッケルと亜鉛は強いと思ってます。

体にいいはずの亜鉛。数年前にアトピーにいいから、と聞いて亜鉛のサプリを2日続け飲みました。
すると顔が赤くぱんぱんに腫れ上がってしまったのです。
その時すぐに「私、金属アレルギーやのに、亜鉛を飲んでしまったんや!」と気づきました。アホですわ。。

新鮮な豆乳でも、顔が腫れた事があり。今思えば、もろに大豆の成分(金属)をとりこみすぎたのかなぁ?
ちなみに、私は大豆アレルギーはありません。

■健康にいいと言われる食べ物でも自分にあてはまるわけではない

上記の食品リスト、見てるとげんなりしてきますよね・・。
せめて、インスタントラーメンとか、駄菓子、とかハンバーガーとか一般的にジャンクといわれるものなら避けようもあるのに。
よりにもよって身体にいいといわれるようなものばかり。

マクロビオティックやってたらますます危ないかもです。
昔マクロビやってましたが、メインは玄米で、大豆製品多め、海藻とかも積極的に。肉・魚、なし。
こんなメニューを毎日食べて、体が(今思えば金属アレルギーの反応?)なんかおかしくなったら、好転反応と解釈したり、「まだちゃんと食事方法ができてないからだ」みたいに自分を責めたり。。。

「いやいや、単純に私の体質にあってなかっただけ!」
って事ですよね。

グルテンフリーの時も何度も書いてますが、身体の反応を見るにはまずは2週間。
番組でもまずは2週間~1ヶ月制限してみて、その後また食べてみて体の反応を見る、という方法を推奨していました。

もともとここ数か月は、納豆もチョコも玄米も食べてなかったんですが、
私の場合は、
・大好きな豆腐を控える
・雑穀米をやめて白米に(ひえやキヌアなどは亜鉛の含有量が高い)
・コーヒー、ココアを控える
・豆類全般を控える
・海藻もしばらくやめてみる
こんな2週間を過ごしてみようと思います。もちろん、引き続きグルテンフリーもですよ。

いやはや、アレルギーのデパートな体、まったくやれやれ、なのですがしょうがないですね。
快適な毎日、かゆみなくぐっすり眠れる夜のために、試行錯誤は続きます。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

 - 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう), アトピー , ,