グルテンフリーダイエット奮闘記

グルテンフリーとココナッツオイルでアトピーと手荒れが治った記録です。iherbのおすすめグルテンフリー商品も

*

グルテンフリー体験談 #3 過敏性腸症候群(IBS)が改善!

 

アメリカ在住の女性から、グルテンフリー生活で過敏性腸症候群(IBS)が改善したとのご連絡を頂きました!




彼女は20代のときはひどいアトピーで、その後IBSは4年ほど苦しめられたそうです。
病院でセリアック病の検査をしても陰性だったそうですが、このブログを読んでグルテンフリーを試してみたそうです。

始めてから3~4週間で多分効果が出てきて、「あれ、そういえば、しばらく腹痛も下痢もないな」と気づいたのが1ヵ月半後くらいだったと。
彼女からのメールを一部引用させていただきます。
***********************
あと、普通のパスタを食べていたときは、食後はいつも腹部の膨張感があったのですが、Bionaturae にかえたその日に”このパスタは食後に気持ちが悪くならない”と気づいたので、これに関しては即効果を感じました。

あとはパンをやめたものの、少しのクッキーなどは1週間に2度くらは食べてしまいますが、1回2、3枚くらいなら大丈夫なようです。なので100%グルテンフリーではありません。グルテンフリーのおいしいペーストリーをリサーチ中です。
***********************

Bionaturaeというのは私のおすすめNo1のグルテンフリーパスタです。麺類を食べた後の膨張感の違いは私もよくわかります。お腹の重たさが全然違うのです。セリアックでもアトピーでもIBSでもない友人も「膨張感がない」というのは言っていました。

オーガニックグルテンフリーパスタ

オーガニックグルテンフリーパスタ

Bionaturae, Organic Gluten Free Pasta

彼女は今でもアトピー向けの石鹸やクリームなどを使って気をつけて生活しているそうで、その点も私と同じです。
いくら以前よりよくなったとはいえ、超ケミカルなクリームとかは使う気になれません。実際ちょっと塗ってみるとヒリヒリしたり。

アトピーがひどかった時期は、漢方薬、鍼、カルシウム液、甘いものをやめたり・・。私と同じようにいろいろ試したそうです。
私と彼女に限らず、アトピーや湿疹に悩まされてる人はみな同じような感じだと思います。

自分の食生活が悪いせいかも、と自分を責めてしまったりして、効くと言われるものは何でも試してみたくなります。
いろいろ試していると結局何がよかったのかわからなくなったりするのですが、きっと全てよかった、全て必要な事なんだろうなと思います。
このブログで何度も書いていますが、私も全然100%グルテンフリー生活ではありません。
たまにはうどんも食べるし、友人との外食で普通のパスタを食べる事も。
ひとつ気をつけるとしたら、グルテンを続けて摂取しない、という事かなと思います。
前の晩にパスタを食べたら翌日は完全にグルテンフリーにする、とかです。
グルテンを含む食事を昼と夜、続けると翌朝もパンが食べたくなります。
おいしいパン屋さんについふらふらと入りたくなります。

グルテンは中毒性があると思います。
そして、この食事が何回か続くと腸に負担がかかり、またいろいろな症状が出始める、という繰り返しになってしまうと思います。

アレルギーもちなど免疫疾患関係の症状がある人、胃腸に自信がない人は
グルテンフリー、ほんとに試してみる価値あると思います。

今回、メールで「このブログがきっかけてグルテングリーをやってみて効果があった」とわざわざ知らせてくださったのは本当に嬉しかったです。
ブログをやっててよかったです。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

 - グルテンフリーダイエット体験談, グルテンフリーダイエットの効果 , ,